itsukinoco’s diary

.............神経症の筆者による 思考浄化ブログ.............

2つの神経症

 

f:id:itsukinoco:20161003203147j:plain

 

私は、神経症である。

おそらく、全人類が神経症的な気質を持っていると思うけれども。 

 

 

神経症とは何か?

 

 簡単に説明すると、神経症とは、

「日々の生活に支障をきたすほどの不安や、恐怖を感じ、通常の生活が困難になること」

 

もう幼稚園の頃から僕はこの気質を持っていて、鬱(うつ)を発症したり、友達も全く出来なかったし(自分から離れていった)。毎日が苦痛で仕方がなかった。

 

最近、こんな本を読んで神経症には2つの種類があることを知った。

  

ホーナイ全集 第2巻 現代の神経症的人格
 

 

2つの神経症

 

それは「事態神経症」と「性格神経症」というもの

 

事態神経症とはどんなものか

 

例を提出するとわかりやすいと思うので以下に一つ例を上げます。

 

22歳 一児の母の場合

 

この方は、20歳の時に意気投合した男性と結婚し、その年に赤ちゃんを出産しました。しかし、その後、結婚相手の男性の態度が変わり、暴言をよく吐くようになりました。母は、子供のためになんとか男性の機嫌を取り、いやいやながらも、その男性の言うことを聞いてきました。

そんな生活を続けているとある時、精神的に限界が来て、育児にも家事にも手をつけられなくなりました。そして、子供を祖母に預け、自身は臨床心理士のもとにカウンセリングを受けに行きました。

このように外的要因(周りの環境)に左右されて起きる神経症が、事態神経症です。

 

この神経症に関しては、友達に相談したり、カウンセリングを受けて、しっかりと治療&対策を行って行き、原因を突き止めその原因を取り除きさえすれば、段々と回復していきます。

 

性格神経症とはどんなものか

 

こちらは、神経症が性格化してしまったものです。

こちらも同様に例を出すとわかりやすいので、一つ例を上げます。

 

22歳 引きこもり男性の場合

 

この方は、幼少期に幼稚園で友達からいじめられていました。

しかし、親や、先生を含め、誰もそのことに気づきませんでした。

その子は、幼稚園に行きたくないと、母におもいっきり泣いて猛抗議しましたが、「行かなきゃダメでしょ!」と叱られて無理やり連れて行かされました。どれだけ泣いたり叫んだりしても無駄でした。

幼少期、その子の周りにはその子の事を理解してくれる人が誰一人いなかったのです。

その子は、本当に辛くて辛くて仕方がありませんでした。

その子は、猛抗議するのに疲れてしまいました。そして、幼稚園の中で、引きこもりました。

つまり誰とも会話をしなくなり、周りの人たち全てに怯えて過ごすことになったのです。

 

その性格は、その子に定着し、小学校でも中学校でも高校でもそんな性格のままでした。こんな性格なので、友だちもできませんでした。なぜなら、人すべてが敵に見えてしかたがないからです。でも、嫌われたり生きていけなくなるのが怖いので、頑張って学校に行って勉強をし、僅かな愛を求めて、だれにも反抗せず言いなりになって過ごしてきました。

 

今でも、まだ、この男性は家に引きこもり、世界に怯えながら暮らしています。

 

このように自身の性格に染み付き、世界の見方が極端に偏っている神経症が性格神経症です。

この性格神経症については、前述の事態神経症に比べて治療の難易度が高いと書いてありました。

 

僕の神経症

 

残念なことに僕は、性格神経症です。

先ほどの例で上げた後者のような生き方を今までしてきました。

 

しかし、その御蔭で、このブログも書けてます。

そして、何より僕と同じようなつらい経験をしてきた人を助けたいという気持ちに駆られてもいます。

 

僕が、神経症になったのはこの為なのかもしれません。

 

ps,

少し前に心に悩みを抱えている方々の力になれればと思い、

心地良く生きていくための方法や、考え方を提供していく活動を最近個人で始めました。

 

かなり更新頻度はゆっくりですが、

こちらでそれら神経症の方や、悩みを抱えている人へ向けた記事を書いています。

 

itsuki01.com

 

気になったらこのサイトを活用してみて!

何でもリクエストさえ頂ければ、そのリクエストに沿った記事をその方に向けて書きます。

 

なので、何か聞いてみたいことや書いてほしい内容などがありましたら気軽にお問い合わせしてね!